simon cosgrove『treading water』

型番 JT001
販売価格

2,500円(内税)

在庫数 売切れ中です。購入ご希望の方はお問い合わせください。入荷できない場合もありますのでご了承ください。


1982年イギリス生まれ。10歳よりサックスを始め、ドンカスタージャズオーケストラのメンバーとしてアメリカやヨーロッパで演奏。17歳の時には、BBCの音楽コンクールで受賞。2000年にケンブリッジ大学に入学し音楽を専攻し優秀な成績を収めた。大和日英基金の奨学金で2003年に来日し邦楽を勉強した。2004年より日本でプロジャズミュージシャンとして活動。東京のコットンクラブでDuke Ellington Orchestra や Martha Reeves と演奏した。
2004年に映画「釣りバカ日誌16」にミュージシャン役として出演。2008年より新潟の日本酒「吉乃川」のCMに出演。http://www.yosinogawa.co.jp/
現在Simon Cosgrove Quintetのリーダーとして活躍中。2009年6月にリーダーとして初レコーディング。



とても綺麗な日本語を話されるので、てっきり日本で生まれ育った方だと思っていましたがプロフィールを読んでびっくり!まだ日本に来て数年だったんですね。
やわらかく、あたたかい音色のサックスを吹かれるサイモンさんは、イギリスで結婚式を終えられてすぐにこのレコーディングに入られました。だからちゃんと奥様に捧げる曲も収録されています。
最近自宅にグランドピアノを購入されたそうなので今後の活動にもさらに期待してしまいます。(水谷)



水のようにとめどなくうつろう感情を掬いとるような瞬間の連続。
過ぎ去る瞬間を慈しむように紡がれてゆく、やさしい時間の記憶。

どこまでもオープンでチャーミングなムードには、音を奏でる行為への自信と喜びが満ち溢れています。
心地良い時間が終わるころには、いつの間にか勇気づけられている。そういうところが最大の魅力です。

こんな時間ならいつまでだって続いてほしい。できれば永遠に。
そんな願いを込めて、再生ボタンに繰り返し手を伸ばすのです。(畠山)



1.early days





2.treading water
3.samba for m.k





4.the bud and the zelkova
5.day break
6.harlem nocturne





7.cut form same cloth





8.sand in my shoes
9.Keepin' taps

simon cosgrove:alt and soprano saxophones
mike zachernuk:trumpet and flugelhorn
john escreet:piano(1-4,6,7)
yuya wakai:piano(5,8)
pat glynn:bass
so imaizumi:drums


Simon Cosgrove