秋山羊子『狂った手』

型番 NAVEL-03
販売価格

2,000円(内税)

在庫数 在庫1枚
購入数



北海道の小樽で生まれ育つ。札幌で音楽活動を開始。
2001年、小泉今日子の『KYO→2〜ANNIVERSARY SONG』に「僕はドロボー」を提供。
2003年、鈴木博文(ムーンライダーズ)の『bonyari bonyari』に参加。
2006年、1stアルバム『指一本で倒されるだろう』リリース。2006年、梅津和時プロデュースによるサウンドトラック『銀河鉄道の夜〜I carry a ticket of eternity〜』リリース。
2009年、内橋和久とのデュオによる2ndアルバム『ピラニアの棲む湖』をリリース。2009年、完売となっていた1st『指一本で倒されるだろう』再リリース。初回特典として1st以前の音源と再録音からなる9曲入CD-R『青春ブルース』を付属。
2010年、『ピラニアの棲む湖』完売。Liveにおいて[無伴奏ソロ]という新たな挑戦をスタートさせる。
2011年、全曲梅津和時とのデュオによるNewCD『狂った手』リリース。

ポップで美しいメロディと本質をえぐる明確なメッセージを歌う。儚く透明な特別な声の持ち主。ライブのときは予測不能な即興的振る舞いがユニークなシンガー。

主な共演者は、梅津和時、内橋和久、鬼怒無月、小川紀美代、坂本弘道、橋本潤、多田葉子、秋田祐二、田ノ岡三郎、臼井康浩、喜多直毅、続木力、熊坂るつこ、他



「ピアノってどうやって録るんですか?」
秋山さんにそう聞かれた時に、自分の本当のキャリアは始まったのだと思っています。それはスタジオレダができて秋山さんに初めて会った時の事でした。
その後に一緒に作ったアルバム『指一本で倒されるだろう』は、レダのエンジニアとして自分の仕事は、ただ音を録音する事だけではなく、その後にその作品が世の中に受け入れられる為に何が出来るのかということを考えるところまでなのだと気づかせてくれました。
そういう意味で秋山さんとのレコーディングは自分にとっては原点に立ち戻って今の自分を見つめ直すような緊張感があります。そして、いつも「かなわないな」と思わせてくれます。
今回は梅津さんとのデュオと言うことだったので、ブースで二人を分けないで同じ部屋で一緒に録音しました。サウンド的にはやりにくくなるのですが、それを気にさせない素敵な科学反応がたくさん起こりました。(水谷)

音が重なり音楽へと変わってゆく瞬間

秋山さんの書く歌は邦楽黎明期である70年代初期のようなどこか古いアナログレコード時代のシンガーを匂わせる所もありながらも、極めて現代的でポップな部分もあり聴いていていて不思議な空間にトリップする事が出来ます。今回のアルバムは歌ピアノ+サックスという極めてシンプルな編成で録音されながらも音数の少なさは感じず、全ての音がとても気持ち良く活き活きと耳の中へと泳いでくるようです。
サックスの梅津和時さんのプレイも文句なしに素晴らしく、時として綱を渡るかのような緊張感を生み出す秋山さんの音楽をしっかりと支え、彩っています。
中盤以降のライブテイクもとても良いです。
今の時代には滅多に出会う事が出来なくなった音が折り重なり、それが音楽へと変わってゆく空気まで録音された素晴らしいアルバムです!(MACCHO)


◎Studio Recordings side◎
1.夜のすごしかた





2.狂った手





3.向かえのレストラン





4.くそまじめ
5.すき
6.ヘルプ・ワン

◎Live Recordings side◎
7.バッティングセンター





8.コロッケパン





9.ハテナ
10.いたい





11.晴れ豆ソング
12.ジンギスカン

all lyrics and music by yoko akiyama except:
‘夜のすごしかた’ by 宅嶋淳 atsushi takushima

秋山羊子ウェブサイト