紅月ノリコ『逃亡スイッチ』

販売価格

1,500円(内税)

購入数

こちらの商品は紅月ノリコ - フォト詩集「笑顔になれるまで」と一緒にお買い上げいただくと送料が無料になります。

〜ピアノ×ロック×ジャジー=メロディアス!!〜
ピアノ弾き歌い家。千葉県出身、一人っ子、Aに見えないA型。
'04年、自主制作CD「紅月ノリコ・3曲入り」を発表。活動開始。
'07年1stミニアルバム「賞味期限」でインディーズデビュー。
初のワンマンライブは南青山MANDALAにてSOLD OUT。
'06年5月〜'10年12月まで、FM鴻巣フラワーラジオのアシスタントパーソナリティを務める。
'09年9月より、元ジムノペディ川崎綾子、相良年宏、元PHONES安藤啓介とバンド「ソノラディクト」を立ち上げる。
ピアノを弾かず、ボーカルに専念したパフォーマンスで新境地を開拓。
'10年2ndアルバム「強い、温かい」をリリース。2回目のワンマンをSHIBUYA-BOXXにて行う。
'12年3rdアルバム「解放」をリリース。初の生ストリングスと生ブラス隊を入れた、自身最高傑作が生まれる。

紅月のライブは、斬新な歌詞で空(くう)を切るようなピアノ弾き語りにオーディエンスは息を飲む。
また、7年共にしているサポートベース野地智啓、ドラム山際秀人と奏でるピアノトリオでは、
見事な呼吸で極上アンサンブルを魅せる。
そして滑舌のいい歌と滑舌の悪いMCが特徴。
噛んでも白を切って突っ走るのが得意。

'12年4月〜'14年2月まで、毎週木曜22:00〜23:00「紅月ノリコのmusica da Leda」音楽USTREAM番組パーソナリティを務める。
歌の世界とは想像がつかないそのキャラクターに「爆笑名言製造機」と名付けられる。

2012年の4月から2年間に渡り紅月さんにパーソナリティーを務めてもらったUstream音楽番組「musica da Leda」。
その番組で「終わった恋から始まる恋」と言うテーマで歌詞のワンフレーズを視聴者から送ってもらう、という企画からうまれた「雨の落としもの」、ライブで好評だった「逃亡スイッチ」と「胡蝶の夢」という3曲。
そこに、番組を通して知り合ったEHAMICによる初音ミクを使ったボカロでのカバーバージョン「逃亡スイッチ」を合わせた4曲入り。
どの曲も聞き終わってもメロディーが頭の中をグルグルまわってしまいます。(水谷)

珠玉の短編集

ある意味アルバムという物語には入り切らない短編集のような作品です。
一つ一つが独立していて個性的。
紅月ノリコにこんな一面があったんだなって思うかも知れません。
Ustreamの番組を見ていた人にはパーソナリティーとしての彼女と歌う時の彼女のギャップに驚いた人もいるかも知れません。そんな流れからくる広がりを感じます。
この中で蒔かれている種がこの後きっと新しい「紅月ノリコ」へとつながって行くのだと思います。(水谷)









1.逃亡スイッチ
2.雨の落としもの
3.胡蝶の夢
4.逃亡スイッチ(ehamiku feat. 初音ミク ver.)

紅月ノリコ オフィシャルウェブサイト