Reiqo『Lembrança do Rio』

販売価格

1,260円(内税)

購入数

Reiqo(レイコ)
ブラジル音楽弾き語りすと。
3歳よりピアノ、15歳でギターをはじめる。
大学生のときにボサノヴァを聴いたのをきっかけにボサノヴァ・ギターを鳩山薫氏に師事。
2008年頃よりライブ活動開始。
2009年9月ブラジル初渡航。サンパウロ・サルヴァドール・リオにて大いなるブラジルの空気に触れる。
2013年9月再びブラジルへ。リオ・デ・ジャネイロにてブラジル音楽界の第一線で活躍中のアーティストDanilo Caymmi,Claudio Nucci,Ze Luiz Maiaら参加レコーディング。

リズミカルなギターとやわらかく透明感のある声より紡ぎ出されるブラジリダーヂ感が魅力。
レパートリーはBossa nova, Samba, MPB, Forróなどブラジルの北東部が大好き。

2014年2月23日、ブラジル リオ・デ・ジャネイロ録音、ブラジル音楽界の第一線で活躍中のアーティストDanilo Caymmi,Claudio Nucci,Ze Luiz Maiaら参加レコーディングの4曲入ミニアルバムCD初リリース!

ドリヴァル・カイミ‬の息子、有名ミュージシャンのダニーロ・カイミにfacebookに友達申請をして、しかもその勢いでリオデジャネイロで一緒にレコーディングしてきたという問題作!
その後のミックスとマスタリングをプロデューサーの重久さんの紹介でやらせていただきました。
リオで録ってきた音源はシンプルなものなので、その中の「リオの空気」をできるだけ残したい、そんな気持ちでやらせてもらいました。(水谷)

カイピリーニャが飲みたくなる!

たくさんの出会いから生まれたReiqoさんならではの作品です。思い切った事してみるもんですね!
それはきっとReiqoさんのブラジル音楽を愛する気持ちに集まってきた大勢の人達の情熱の結晶。
とは言え、地球の反対側の人達との共同作業には一筋縄では行かない苦労もたくさんあったはず。
そんないろいろな感情がつまった記念すべきReiqoさんの最初のCDです。
聴いていると見たことのない、真っ赤な土、地平線、遠くに沈む太陽、家族の待つ家の晩ご飯のにおい、そんな景色がまぶたに浮かんできます。
カイピリーニャが飲みたくなるね。(水谷)









1 Caminho das Águas
2 Qui Nem Jiló
3 Garota de Ipanema
4 Vatapá

Reiqo